第14回 伊良湖ロングボードクラシック


宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
海に接する我々サーファーは自然の力の恐ろしさは分かってはいるつもりですが、今回の「東北地方太平洋沖地震」については人間の無力さをあらためて思い知らされました。さらに悪いことに東京電力・福島第一原発が津波の原因による放射能漏れは20キロ圏内の人は自宅にも帰れないことにもなり、まさに『人災』とも言える出来事も起こりました。


幸い伊良湖エリアは震災の被害も無くサーフィンも例年通りの状況です。
波があれば早朝からサーファーが集まり、日が暮れるまでサーフィンを楽しむ。
クタクタになり海からあがれば自分の乗った波の自慢話を弾ませる。
今まで当たり前と思っていた事に幸せを実感します。
サーファーの皆さんも同じ気持ちだと思います。


さて『第14回 伊良湖ロングボードクラシック』ですが、今年は実力NO.1を競うスペシャルクラスの復活と大会レベルを盛り上げる年齢不問のオープンクラスを中心とし40代以上は年齢別で構成、昨年に続きプロサーファーのエントリーのあった人気急上昇のパドルボードクラス、そしてレディースとクラス分けしました。大会スタッフ一同は『伊良湖ロングボードクラシック』の大会を通じて震災にも負けないサーファーのネットワークを作ることと、この『伊良湖ロングボードクラシック』が長年にわたり続いていくことを望みたいと思っています。

全国のロングボーダーの皆さんのエントリーをお待ちしています。


2011年度
伊良湖ロングボードクラシック実行委員会
第14回伊良湖ロングボードクラシック
大会会長 竹本 豊
運営委員長 岡本祐一
ジャッジ委員長 登 俊裕
事務局長 永井孝秀